九大が電子教材で1年生全員の受講データ分析、教師による学習効果の違いが明白に – 日経BigData

九州大学は昨年から、電子教材を活用する講義の教師へのリアルタイムフィードバックを実施。講義の改善に取り組んでいる。今年度前半には、新1年生2700人、15クラスを対象にある必修科目の講義状況をリアルタイム把握。教師による学習効果の違いなどが一目瞭然となった。

私(前田)の母校ですが、このような取り組みにより教養学部の学習効果が上がるとともに、アクティブティーチングで生徒、教師双方のモティベーションアップも期待できそうです。25年前は紙とペンしかなかったですね、笑