電通は、深層学習(ディープラーニング)技術を活用したテレビ視聴率予測システム「SHAREST(β版)」を開発。今年12月までに実証実験を終了して、来年から本格運用に入る。テレビ視聴率の安定的な予測を自動で実現して、予測業務の半減と、最終的に広告効果の向上を目指す。SHARESTの開発は、2015年10月からデータアーティスト(東京都港区)と共同で進めてきた。SHARESTは、過去の視聴率データや番組ジャンル、出演者情報、インターネット上の閲覧傾向などのデータを教師データとして、深層学習アルゴリズムに学習させて放送前のテレビ視聴率を予測する学習モデル。電通は7月からSHARESTを活用して、関東地区で1週間内の放送枠の高精度な視聴率予測を実践する検証プロジェクトを実施している。

視聴率予測による広告最適化と広告運用自動化が実現することが期待できそうです。Twitter以外でどのwebデータを活用していくのか興味深いです。

電通、深層学習技術で視聴率を高精度に予測 予測業務の半減を目指す – 日経BigData