こんにちは。koyakunと申します。
18年5月に入社し、約1年ほどアルバイトとして就業しておりましたが、この度退職する事となりました。今後は自分で事業を行っていく予定です。

入社前の私は、こんな感じでした。

  • プログラミングスクールに1週間ほど通った
  • Ruby on Railsを使い、個人のアプリを作成したが、参考資料を見ながらでないとif文も自分で書けなかった

Webエンジニアとしてプロダクトを作れるようになりたいと思い、なんとなくプログラミングの事を理解し始めていたが、細かい手順書がなければコードを書く事ができない状況でした。

今回のブログでは、そんな私が株式会社ルーターでの就業を通じて、技術的に学んだ事、技術以外で学んだ事を紹介したいと思います。

入社を検討されている方に、どんな分野を実際に学ぶ事が出来るのか、少しでも知ってもらえると嬉しいです!!

技術的に学んだ事

サーバーサイド

  • Linux / Ubuntu の環境構築
  • メモリ、CPU管理
  • 定期バッチの実行・運用 (crontab)
  • tmux / nohup などでのバックグラウンドでのプログラム実行

データベース

  • MariaDB(MySQL)の設定・構築
  • MySQLのSQL文
  • Activerecordのいろは など

スクレイピング・クローラー

  • HTTP通信
  • SeleniumやMechanizeなどの自動化ツール
  • DOMのパース
    • 正規表現
    • Nokogiri など

その他

  • データの受け渡し
    • AWS SDK
    • XML
  • フレームワーク
    • Sinatra
    • Ruby on Rails
  • テストツール
    • Minitest
    • Rspec

技術以外で学んだ事

  • 案件化前の事前検証フロー
  • 開発手法
    • アジャイル開発, スクラム開発
  • 単体テスト・結合テストの設計・実行方法
  • 大量のデータを扱う際のお作法 など

サーバーサイドの開発をメインで行っていました。特に、LinuxやUbuntu、データベース周りに関しては、今後エンジニアとして働く中での、大切な基礎を作る事ができました。

ある案件では、スクラム開発手法を使って開発を行う事ができました。ウォーターフォール開発やアジャイル開発など、机上では知っていたのですが、実運用で体験したのは初めてでした。
毎日決まった時間にチームメンバーで集まり、進捗や開発課題を共有しながら、開発を進めていく事は、新しい発見も多く、何よりとても楽しかったです。

また、週に1度、全メンバーが集まり技術共有を行っているのですが、自分が担当する案件以外の話も聞けて、とても有意義な学びの時間を過ごす事ができました。

大げさではなく、エンジニアとしての1歩目で、ルーターに就業が出来た事、サーバーサイドの理解を深められた事は本当に良かったです。

もしご興味のある方はぜひ、 こちら からご応募ください!!