こんにちは、学生アルバイトの福島です。研修がようやく終わったため、その振り返りをしてみようと思います。

略歴

理工系学部、情報系学科の1年生。他のアルバイト経験なし。 プログラミングに関しては受験が終わってからRubyの本を軽く一回流した程度、大学でも1年生の春学期は教養的なことしかしていないため、入社当時の自分のプログラミングスキルはド素人以外の何者でも有りませんでした。

応募の経緯

そんなプログラミング素人がなぜエンジニアの求人に応募し採用に至ったかというと、大きく時勢が変わったこともあり他の業種のアルバイトの求人がほとんど見つからず、アルバイトしようにもなかなか難しいといった状況でした。そんななか、ふとプログラマの求人を探してみたときに、偶然にも一番最初にヒットしたのがこの株式会社ルーターでした。

  • 求人の詳細に未経験可とあったこと
  • もし採用されればルーターでのプログラマとしての経験が将来絶対役に立つという確信があったこと

上記の2つが「未経験でも本当に大丈夫なのだろうか」という不安を上回ったため、一念発起し応募に至りました。

研修に関して

先述の通り素人の私は研修にたいへん苦しめられました。jsonなんて初めて聞いたし、PATHを通すにしても意味もわからずただコピーアンドペーストをするだけ。何もかもが初めてで、逐一調べながらやっていたためにかなりの時間を要してしまいました。しかし、一度間違えたものはしっかり自分のものにするということを徹底することで、どんどんエンジニアとして成長していけるのだと思います。

今後の目標

現在、研修が終わり少しずつ業務に取り掛かっている状態です。研修がおわったとはいえまだまだエンジニアとしては未熟であり、学ばなくてはならないことが膨大にあるでしょう。それらを着実に自分のものにし、少しでも早く立派なエンジニアになりたいです!

Pocket