株式会社ルーターが提供するデータアグリゲーションサービスに、スマホのネイティブアプリの地図情報がデータソースとして加わりました。

昨今の消費者向けインターネットサービスの生活関連アプリは、アプリ内に地図が提供されて、地図上にピンが立つ形で情報を提供するケースが増えております。

これらの情報はWebサイト上には提供されてないものであり、網羅的な情報を収集・分析することは困難でした。弊社のアグリゲーション技術により、ネイティブアプリの地図機能でしか提供されない情報も、収集・分析が可能になりました。

本ソリューションでは総務省統計局が作成している基準地域メッシュを元に1Km四方の区画をベースにしているため他の統計との突合も容易です。

株式会社ルーターは、自社の強みであるデータアグリゲーション技術を活かし、今後も消費者向け情報のデータ収集・分析に基づく経営を後押しし、業界の新たなチャンス創出に貢献して参ります。