株式会社ルーターは、同社が提供する「動画データアグリゲーション」サービスの追加追加として、動画からの企業ロゴ抽出機能をオプション機能としてリリースします。

ロゴ抽出機能について

予め用意したテンプレートのロゴから特徴点を抽出し、縮尺の違う相似形の図形を探すことで、ロゴを特定します。

技術面での特徴

自動運転などに使われるオブジェクト抽出技術は、ディープラーニングにより進化していますが、多くの教師データとトレーニングの時間が必要となります。今回利用した特徴点マッチングでは、一個のロゴデータが存在すれば、抽出可能なテンプレートとして利用できます。

また今回の対象となる広告動画内ではロゴが回転するということがまれであるため、相似図形ではあるが回転はしないという制約の中で精度を高める工夫が加わっています。

学習も検出も高速で行われるため、大量のロゴを大量の動画コマに対して抽出可能です。

Cloud Vision APIなどにもロゴ検出機能はありますが、有名なロゴのみが対象となっており、ロゴの追加ができないため用途は限られます。新しい商品ロゴをすぐに追加する技術が求められておりました。

今後のサービスの展開

広告・コンテンツ共に、今後は動画が増えていきます。ルーター社での動画データアグリゲーションの中でも、動画・ライブ配信の分析は増えており、その際に動画の意味づけを可能にするタグ付与機能への期待も高まっております。

株式会社ルーターは、今後も先進的かつ高い専門性を持って、データビジネスの推進を図ります。

Pocket