サイトTOPに戻る

DeepLearningアプライアンス DATARHYTHM(データリズ ム)を7月よりリリースいたします

2017-06-19

画像認識で強いDeepLearningを、マーケティングデータにも応用いたします。クラウドベースでDeepLearning を行うため、分析フェーズでの摘要も敷居が低く始めることができます。

DATARHYTHMの特徴

1)前処理を自動的に行います

機械学習のためには前処理を行うためのプログラムを都度作る必要がありますが、DATARHYTHMでは、前処理 を行うためのプログラムを自動生成し、ユーザはマーケティングデータをブラウザからアップロードするだけで DeepLearningによる予測モデルを生成できます。

2)複数のパラメータを同時に検証します

機械学習において、パラメータの調整は試行錯誤の作業になります。DATARHYTHMでは同時に複数のパラメー タで学習を行うことでパラメータ調整の効果を同時に確認することができます。

3)小さく始めて大きく育てることが可能です

DeepLearningでは多くのマシンパワーが必用とされますが、クラウドベースで行うため、小さく始めることも可能です。教師データの蓄積が増えるにつれてより大きなマシンパワーで精度の高い予測モデル生成も可能となります。

4)データはすべて蓄積されます

教師データが蓄積されることで予測モデルの精度は上がっていきます。予測モデルの精度の向上もモニタリングすることで、継続的な機械学習をやるべきかどうかの経営判断が可能となります。

5)充実した前処理サポート

手元に教師データがない場合でも、クローラープラグイン(※オプション)によりデータ収集からサポート可能です。

※ DATARHYTHMでは、TensorFlowのクラウドプラットフォームとして、GoogleMachineLearningを利用しております。

本件のお問い合わせ先
contact@rooter.co.jp